「お金が好きなの?」と言われることが多い

日本人は儲け話とか、お金の話をあまりしたがらない。

でも、生きていく上で必要なのはお金であることには変わりはない。

お金で買えないものはあるとはいえ、お金で買えるものがこの世の中にはたくさん存在する。

 

だから、じぶんはお金儲けに繋がる話には積極的に興味関心を持ってトライしてきた。

そんな話を友人・知人にしていると「お金好きなの?」と言われる。

 

たしかにお金は好きかもしれないけど、お金そのものが好きなわけではない。

お金は単なる価値でしかなく、お金は使わければ意味がない。

だから「お金が好き」というよりは、「お金によって得られるものが好き」ということになる。

 

これは誰しもが抱えている考えだろうし、「お金が好きなの?」と言われるとなんだか違和感を覚える。

 

長期手的に考えれば考えるほど、お金は必要になるし、それだけお金に関することについてしっかり取り組んでいかなければならないことは確かなわけで……。

儲け話=悪、みたいな考えは早くなくなってほしいなあと思う今日この頃。

金銭のやり取りが発生するということは、それだけなんらかの価値を提供していることに繋がっているのだから。

もし、大した価値を提供せずに金銭を得ていたとしても、それは長続きしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です