失礼な人・礼儀がない人には怒らないこと。怒るだけ無駄だよって話

先日、職場の女性から仕事終わりの映画デートに誘われた。

女性はつい最近、長年付き合っていた男性に振られたばかりで、傷心状態だった。

簡単に言えば、振られて寂しいからデート相手を探していたんだろう。

誘われた身とはいえ、デートはデート。じぶんがなるべく相手をリードするように心がけている。

せっかく映画に行くのだから、なるべく良い席で映画を鑑賞したい。万が一、満席になってしまっていて見られないような事態にならないよう、前売り券のチケットまでネット予約していた。

 

ところが、映画デートの前日からぱったりと彼女と連絡がとれなくなってしまった。

当日になっても彼女から連絡はない。そもそも仕事にこなかったのだ。

じつは彼女は結構なメンヘラちゃんで、薬の大量摂取や、リスカ跡などがみられる。彼氏と別れた反動でデートに誘ったのもきっと衝動的な部分が大きかっただろうといえる。

きっと、デート前日もなにか精神的に滅入ってしまっていたのではないかと思う。仕事を休むこともたまにあった。

そんなこんなで、当日は一人で映画デートに行くことになってしまったのだ。

前売り券は一度、購入をしたらキャンセルすることができない。チケット代は元々じぶんが全て負担するつもりであったが、無駄になってしまった。

結局、彼女から当日、連絡がくることはなかった。LINEでやり取りをしていて、既読はつくのに返信がない。(「仕事を休む連絡をする」という行動はしていたので、連絡が全くできない状態ではないのはたしかだった)

 

彼女になにがあったにせよ、相手から映画に誘っておいて突然、音信不通になり、前日・当日なんの連絡もなく、デートをすっぽかされたという事実に変わりはない。

なんらかのアクションがあっても良いわけだが、それがなにもなかったのだ。

 

ここで、人によっては大きな怒りを覚えるだろう。

怒りのあまり電話をかけたり、連絡の嵐に走って、その怒りを相手にぶつける人もいるだろう。

ところが、このような事態になって相手に怒りを覚えても仕方がない。じぶんが疲れるだけである。

「そういうことをする人である」という事実は認識して、見限るのがベスト。

 

十人十色、人の価値観はそれぞれ。

いちど、そのようなことをしてきた人は、脳内で信用できない人リストに入れて距離をおく。

人として当たり前のことができない人や、失礼な人に遭遇しても、腹を立てるのではなく「そういう人なんだ」という目線で事実を捉える。

それがイチバンじゃないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です